1泊2日で行く網走流氷旅行記 一日目 クーポン情報有

産まれてから40数年道民のmimoです。

40数年北海道に住んでいても、北海道は広い!
といことで、昨年人生初の流氷体験をしました。
札幌から飛行機で行った1泊2日の旅行記を2回に分けて紹介します。

行程表

2020/2/8(土)

7:30 「新千歳空港」発

mimo
mimo

シートベルトサインが消えて10分ほどで着陸態勢に入るよ


8:15 「女満別空港」着

寒そうです

2F BLUE SKYで赤いサイロ探すが入荷無しなので
到着ロビーレンタカーカウンターへ

8:45 「タイムズレンタカー 女満別空港前店」発

楽天トラベルで予約、現地払い。
予約時にスタッドレスタイヤ(冬タイヤ)ではない車が選択肢にありました・・・
まさか北海道で夏タイヤの車を貸さないとは思いますが、一応お気をつけください。

9:15 「道の駅 流氷街道網走」着

 ・おーろらチケット購入 タイムズクラブ会員10%OFF、現金払い

じゃらんからの予約だと10%OFFでクレカ決済できます。
さらにモッピー経由でじゃらんにいって予約すると+3%ポイント還元されます。

例年は混んでいますので、10月にサイトを見た時点ではほぼ満席でしたが、
網走流氷観光砕氷船 おーろら 公式ホームページ (ms-aurora.com)に電話すると予約出来ました。

支払いは現地になります。

mimo
mimo

公式サイトは運航状況がリアルタイムで見れて便利だよ

丁度出発前にコロナが流行し始めたので、直前には空席ありになっていました。

1日5便出ていますが、天候によって突然運休したり、途中で引き返したりします。
我が家が乗った便も流氷はきちんと見れましたが予定より早く戻りました。

コロナが落ち着いたら事前に予約するしかなく、見れるかどうかは本当に運次第です。

 ・お土産購入

10:00 「博物館 網走監獄」 10%OFFクーポンあり
      基本情報 | 博物館 網走監獄 (kangoku.jp)

12:00 「道の駅 流氷街道網走」

 ・おーろら乗船

前の便が悪天候で運休になったので、少し時間差で2便出航します。

サイドデッキに出るとすぐ目の前で流氷が見れます!

流氷の中を進むため、ものすごく揺れます!
酔いやすい方は、酔い止め必須です。

また物凄く寒いので、外に出るときは暖かい格好はもちろん帽子も必須です。

写真には撮れませんでしたが、オオワシも見れました。

13:30 「フードコート キネマ館」
 
 道の駅の2Fにあります。
 網走ちゃんぼん、網走ザンギ丼などをいただきます。

1個をシェア

14:45 「網走湖」

 ・ワカサギ釣り

釣れるのは15:45までで残り時間少ないと値引きしてくれました。
(皆さん朝から釣っているようです)
テントの中で座って釣ります。
竿、椅子、餌、バケツ付きなので手ぶらで大丈夫です。

スタッフの方が、穴に手を入れて、息子たちのためにたくさん餌をいれて呼び寄せてくれました。
おかげで短時間でも次々釣れて子供たちも大満足でした。
30匹位は釣りました。

釣ったワカサギは、受付横の建物で天ぷらに出来ます。(自分たちで揚げます)
受付で申込して順番待ちします。

釣ったワカサギの一部

16:00 「ホテル網走湖荘」泊

網走湖に面しています。
着いたら女将さんがハッカおしぼりでおもてなししてくれました。

部屋から見る綺麗な夕日

夕食は個室でした。

旅行計画

毎年2月の第二土日辺りで流氷祭りが行われます
流氷祭りが開催されるのは、紋別と網走です。

網走の方が南に位置するため、昨年2/7はまだ流氷が接岸していませんでした。
最悪網走についてから紋別まで移動しようと思っていましたが、運良く8日に接岸しました。

早めに行かれる方は注意が必要です。

飛行機は、10月初めに予約しました
今回はキャンペーンでもらったeJALポイントを使いたく、ウルトラ先得で予約しました。

eJALポイントは家族合算して使うことが出来ないので、行きだけ息子たちの航空券をそれぞれの予約で取りました。
残金の支払いは、親のクレカで大丈夫でした。

ただ、次男だけ荷物検査で航空券エラーになり足止めされました。
同じように個人で取っている長男は大丈夫でしたが。
10歳は良くて、7歳はダメだったようです。

もし、同じような状況のかたは、直接荷物検査場に行かず、一度チェックインカウンターに行かれた方が良いかと思います。

mimo
mimo

子供一人止められて、泣きそうでした

ホテルもレンタカーもおーろらも10月に予約しました

服装

この行程は比較的外にいることが多いです。
おーろらは海の上ですし、網走監獄も外を歩きます。

子供はもちろん、大人もスキーウエア(上下)、防寒手袋、帽子、スノーブーツでした。

-20度は札幌ではあまり体験しないので、スキーに行くより厚着しました。

感想

今回初の流氷チャレンジで流氷に遭遇出来て幸運でした!そしてとても感動しました!

子供たちはワカサギ釣りがとても楽しかったようで、また行きたいと言っています。

是非一度は体験してもらいたいです。

二日目も楽しい旅行になっています。続きます。

タイトルとURLをコピーしました