子供の証券口座開設して、積立投資始めました

以前からやらなきゃと思っていた子供たちの証券口座開設。
面倒くさくてずうっと放置していましたが、この本を読んで即実行することにしました。

未成年口座開設には条件があります

満20歳未満の未婚者が証券口座を開設するには、まず親権者がその会社の証券口座を持っていないといけません。
私は楽天証券とSBI証券を開設しています。
子供たちはどっちにしようかな~。

楽天は楽天商業圏があり、色々キャンペーンがあるので子供たちに恩恵を残しておくことにします。

ということで、SBI証券で開設しました。

親権者の口座開設から始める場合

親権者がSBI証券口座を開設するなら、
ハピタスを経由して5万円以上入金&住信SBI銀行に振替で
4000P=4000円もらえます!

SBI証券公式の紹介キャンペーンは、取引手数料からの還元なので、
NISA口座や投信のノーロードの場合は手数料が発生しませんし、
手数料プランをアクティブプランに変更すると1日50万円までの取引なら手数料はかからないので、実質還元額はあまりないと思います。

しかもハピタスデビューで通常400Pの入会特典が、2020.9.8までの期間限定で+600P
合計1000P=1000円もらえます!

口座開設して合計5,000円もらえるので、すぐに10%儲かりますね

ハピタスとは、無料で登録・利用でき、貯めたポイントを
現金にも手数料無料で交換できるお小遣いサイトです。
ポイント交換先はたくさんあります。
最低300Pから交換できます。

ハピタスHPより


お買い物あんしん保証もあるので初心者に優しいサイトとなっています。
私も初めの頃は保証してもらいました。
証券口座開設だけでなく、楽天市場1%還元などネットでお買い物する前には
必ずチェックしてみてください↓

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

残念ながら、未成年口座開設はSBI証券も楽天証券もポイント還元やキャンペーン対象外です。

未成年口座申込

振込先金融機関口座を入力するため、お子さん本人名義の金融口座が必須です。
お持ちでない方はまずはお子さんの金融口座を開設しましょう。

まずは親権者の証券口座にログインします。
ここからはSBI証券画面での説明になりますが、他の証券会社でも選択肢は大体同じ項目だと思いますので、参考にしてみてください。

ホームの右側にある「未成年口座」の開設をクリックします。

SBI証券HPより

生年月日などの質問に答えます。

SBI証券HPより

ジュニアNISA口座だけを開設することは出来ないため、総合口座から開設します。
特定口座の源泉徴収ありにしておくのが安心です。

次に振込先金融口座の入力と配当金受領方式の選択をします。
「株式数比例配分方式」にしないとNISAの非課税恩恵を受けれません。

あとはアンケートに答えて申込完了です。
お子さんが二人以上の場合は、まとめて申し込めないので、同じ作業が必要です。

書類到着

世帯全員分のマイナンバーが記載された住民票(コピー可)
子供の健康保険などの本人確認書類のコピー、
親権者の免許証などの本人確認書類のコピー
を一緒に返送するので、用意しておきましょう。

ネット申込から一週間位で書類が到着しました。
送られてきた3枚の書類に記入し、指定の添付書類と一緒に兄弟別々に返送しました。

未成年口座開設完了

書類返送から2週間位で、親権者の口座の「当社からのお知らせ」に完了のお知らせが届きました。

口座番号やパスワードが書かれた書類は郵送で届きます。

NISA口座が開設されたのは、それからさらに2週間くらい後でした。

証券口座に入金しましょう

SBI証券HPより

入金方法は色々あります。

我が家はゆうちょ銀行の子供名義口座のネットバンキングから入金しています。
投信積立を設定しているので、毎月入金するのが面倒なのでまとめて入れるようにしています。

毎月引き落としに対応するなら、銀行引落サービスがあります。

ATMカード入金と銀行振込以外は手数料がかかります。
それ以外の入金方法は手数料無料です。

またATMカード出金の場合も手数料がかかります。

いづれにいても本人名義の口座からしか入出金できません。

ジュニアNISA口座で積立設定

父が娘に伝える自由に生きるための30の投資の教え [ ジェイエル・コリンズ ]を読んだので、購入するのはVTIで決定です。

ただ、本家のVTIだと1株買うのに現在18,000円位なので毎月積立は厳しい。
私名義ではVTI ETFを積立目的で購入しましたが、
NISA口座が楽天証券なので海外ETFは自動積立できず(SBI証券は出来る)、
そうなると為替やチャートなど気になって、しかも夜だし、
まだ初めの1株しか購入出来てません。

やっぱり自動積立って大事かも。

VTI ETF 6月末の配当金すぐドルで入金されてビックリ。
日本とは全然違うのね。

子供たちは一人月2500円予算なので、VTIに連動している投信
「楽天・全米株式インデックスファンド」で積立設定しました。

SBIだとS&P500しか無かったので、SBI証券で楽天投信を買う笑
もちろん投信なので、楽天証券で買おうが、SBI証券で買おうが価格は変わりません。
NISA口座なので購入手数料も無料です。

ジュニアNISAは一般NISAと同じく5年で一区切り
本家は年利平均11.9%なので、
NISA口座にしてロールオーバーします。

NISAで運用することが吉と出るか凶と出るか。

投資はあくまで自己責任ですから。

最後に

ジュニアNISAは18歳まで払い出し不可です。

ジュニアNISAの使い方としては、色々あると思いますが、我が家は超長期利用前提です。

少額でも積み立て続け、こどもたちが稼ぐようになったら引き継いで、一生懸命積み立て続けて、ゆくゆくは利息で生活できるようにと願ってます。

詳細は本を読めば理解できると思います。

いづれにせよ、行動あるのみ。

親権者のSBI証券口座開設は、ハピタス経由の申し込みで条件達成して5,000円もらえます↓

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

楽天証券は、A8.netのセルフバックで口座申込だけで500円がもらえます
楽天ダイヤモンド会員優待でも180ポイントしかもらえません。

A8.netのセルフバックは、ポイントサイトに無いものもあったりするので、
登録しておいて損はありません。
ブログが無くても使えますし、逆に無料で簡単にブログを作ることも出来ますよ↓



タイトルとURLをコピーしました