楽天ペイのクレカ設定方法 VISA家族会員の場合

クレカ

楽天ペイの5%還元のキャンペーンが3月で終了したので、しばらく出番がなかった楽天ペイを先日ツルハで使用しました。
そういえば、楽天ペイに紐づけているクレカって何だっけ?と調べてみるとANA VISA一般カードでした。あ・・・4月にゴールドにアップグレードしたのに変更するの忘れてた。

楽天ペイに紐づけできるクレカは楽天カード、VISA、マスターのみとなります

VISAの場合は、セキュリティコードの他にVpassのログインパスワードを入力して設定完了です。
Vpassのログインパスワードは、私のように家族会員の場合は、本会員のパスワードではなく、新規で家族カード番号でVpassに登録する必要があります

三井住友カード公式サイトより

登録は無料です。登録したからと言って、明細がみれるわけでもないのですが・・・

ちなみにVpassにはおまとめログインサービスがありますので、ANA TOKYUカードとまとめておくと良いですね。



三井住友カード公式サイトより

一般カードで登録していたのでVpassにログインすると上記の画面が出てきて、無事まとめ完了です。これで無事楽天ペイのクレカ登録の変更が完了しました。

ANA VISAカードのアップグレード検討中の方向け

ポイントの有効期限がくるタイミングで一般からゴールドにアップグレードしたANA VISAカード。届いたカード台紙には、年会費19,800円となっていましたが、一般カードで適用になっていたマイ・ペイすリボ&WEB明細書がそのまま引き継がれ、本会員9,500円+家族会員2500円+税=13,200円でした。

ワールドプレゼントポイントはゴールドにしたことにより、今まで貯めていた分も全て移行手数料なしで10マイルコースで交換できました。

楽天ペイを使うメリットは?

非接触のスマホ決済というのがこの時代には大きいのかもしれません。
ただポイント的には、d払いと違い楽天ペイを使うことでつくポイントはありません。純粋に支払いに設定しているクレカのポイントが貯まるだけなので、マイルを貯めている我が家はANA VISAカードとなります。

これはあくまで楽天ポイントの獲得情報です

楽天ペイ公式サイトより

楽天ペイアプリで楽天Edyも設定できますが、こちらも楽天ポイントをメインで貯めている方向けの支払い方法です。

楽天ペイを使うのはお得なキャンペーン時に限ります
6/30まで新規会員向けに5%ポイント還元キャンペーンが開催中です。
キャンペーン条件は支払設定に楽天カードが必要です。

楽天カードは年会費無料で現在新規発行で5,000P、さらにお小遣いサイト「ハピタス」からの申し込みで5,000P(5千円)合計1万円獲得できます

ポイントでお得に生活するなら安心安全のハピタス。
ポイ活するなら会員数300万人以上のハピタス。3,000以上の人気ショップやサービスと連携、お買い物の前にハピタスに寄るだけで、Wでポイントが貯まる。コンタクトレンズの購入や、クレジットカード発行、ふるさと納税の前にもハピタスに寄っておトクに。貯まったポイントは300pt(1pt=1円)から現金交換OK。

まとめ

久々に利用した楽天ペイですが、既存ユーザー向けには現在これといったキャンペーンがなく、キャンペーン適応条件には楽天カードを指定しています。今後お得なキャンペーンが来るときに備えて、年会費無料の楽天カードをお得に発行しておくのもオススメです。

タイトルとURLをコピーしました