特典航空券で子連れハワイ旅行に行ってきました

特典航空券

2018年冬、約1年半かけて貯めたANAマイルを使って4人分の特典航空券に交換して、 初ハワイに行ってきました!

国内で特典航空券を使ったことはありましたが、国際線は初めて。
国際線の特典航空券の違いと使用した手順を記載します。

札幌からホノルルへは何マイル必要なのか?

まずは、ルート確認です。
直行便はハワイアン航空のみ。往復一人8万マイルが必要です。
(2018年10月より、提携社特典航空券として、JALマイルで往復45,000マイルで発券可能となりました。)

ハワイアン航空運航状況
 往路 日・水・金 19:45発→8:10着 搭乗時間7時間25分
 復路 火・木・土 13:10発→17:00着(+1日) 搭乗時間8時間50分

経由便でANAは往復一人43000マイル(Hシーズン)

特典航空券に交換した時点では、直行便のハワイアン航空は一人8万マイル必要だったので、乗り継ぎは面倒でも半分位のマイルで行けて、しかも日本の航空会社。子連れなのもありANAで決めました。

どれ位前に予約したのか?

シーズンによっても違うと思いますが、我が家はLシーズンで行くことにしたので、約2か月前でも予約が取れました。

しかし、国際線はANA便ではなく残念ながらユナイテッド便です。
しかも往路復路とも羽田⇔成田間の移動ありです。
これが意外と大変でした・・・

羽田⇔成田の移動は、直通列車のエアポート快特に乗り、約90分かかりました。片道1800円です。小学生は半額、幼児は無料です。支払いはソラチカPASMOは使えず、現金!4人で往復約1万円の思わぬ出費でした。本数も実は40分に1本と少なかったようで、成田にギリギリ到着でドキドキしました。
ちなみにリムジンバスは片道3200円で、渋滞などで時間が読めないですが、基本エアポート快特より早く到着するようです。

mimo
mimo

次東京乗り継ぎの場合は、絶対羽田、成田間の移動がないものにします!

実際予約する3カ月位前にみた時には、札幌→成田→ホノルルでの予約も空いていたので、
日程が決まったら早めに予約するに越したことはないですね。

特典航空券でも座席指定はできるのか?

子連れで旅行に行く場合、座席指定できるかどうかは重要だと思います。
結果から言いますと、ANA便もユナイテッド便でも予約完了後に無事並び席で座席指定出来ました。

けど、空席状況によっては並び席が難しい場合もあると思うので、予約直前にその便の空席状況の確認をする方が良いです↓
ユナイテット航空

ユナイテッド便はどうだったのか?

機内食は特に期待していなかったのですが、行きは両方当たり(写真はなんだったかな?他チキンが選べました)帰りのうどんは外れでした。
食後にカップアイスと小さいペットボトルの水がもらえました。
そのほか行きも帰りもクロワッサン+朝食りんごヨーグルトが軽食として出てきました。
ドリンク飲み放題にはワインも含まれてました。

全席モニター付き、子供用のゲームや映画もあり、息子たち満喫。

CAさんは日本語の話せる方が行きも帰りもいて安心でした。
全く話せない方もいましたが、特に問題なく過ごせました。

ということで、充分満足のフライトでした。

時間は、成田発で一日3便ある中の一番早く着く便です。
時差がマイナス19時間あるので、到着した日は日本時間で夜中の1:40となります。
下の子以外ほぼ徹夜でした(笑)

<往路>
 19:00→6:40(ユナイテッド運行便)
 20:35→8:25
 21:30→9:20

<復路>
 10:25→14:55(ユナイテッド運行便)
 11:15→15:40
 11:50→16:15

実質飛行機代はいくらだったのか?

Lシーズンのハワイ便、ANAなら一人往復35000マイルのところ、
一人40000マイルで4人で合計16マイル使用しました。

16万マイル貯めるために使ったお金は71615円です。
国際線特典航空券は、税金・燃料代は別途必要になります。4人で合計52840円でした。
この分はANAカード決済すると100円=1マイルのボーナスが付きました

ということで、71615円+52840円=124455円
ハワイ行往復航空券が124455円です!
一人分じゃありませんよ、4人分でですよ!
一人分のハワイ行往復航空券が税金・燃料費込みで31,114円だったということになりました。すごいですよね、マイルの威力。

格安航空券は、座席指定や預け荷物・税金や燃料費など別なので、結局初めに考えてた金額より高くなったりしますよね。

ハワイアン航空の12月最安値往復で検索すると、税金・サーチャージ・手数料込み、スーツケースも2個まで無料で預けれて81,000円。かなり安いと思いますが、31,114円と比べるとその差は歴然です。

まとめ

国際線特典航空券は、国内線と違い、税金やサーチャージが別途かかります
それでも、マイルを交換することで、約3万円でハワイ往復航空券を獲得しました。

旅行貯金として3万円積み立てても、3万少しにしかなりませんが、ポイントを貯めるのに使った3万円は、3倍位の価値になったのです!

旅行貯金している方は、今すぐポイ活に切り替えて、家族旅行に行きませんか?
今までの3分の1の貯金期間で行けるかもしれませんよ。

ポイ活を始めるにはポイントサイトが必要です。
まずは初心者に優しい「お買い物あんしん保証」がある無料のポイントサイト「ハピタス」に会員登録してポイント貯めてみましょう

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

このバナーからの登録して30ポイント=30円相当もらえます。

タイトルとURLをコピーしました