ANAカードCP2020 お得な申込み方法紹介

クレカ

ANAカードを4枚発行してみて、カードの違い、キャンペーン攻略法、失敗談を披露します。

我が家のANAカードデビューは、ANAアメックス(一般)カードでした。カード会社主催キャンペーン時にポイントサイト経由で作成して合計4万マイルほど獲得しました。

キャンペーンにはANA主催カード会社主催があり、もちろんダブルでもらえるときが最強です。ただし、ANAカードを過去を含め1枚でも作ったことがある方は、ANA主催キャンペーンは対象外となりますのでカード会社主催のキャンペーン時に作るのがオトクです。

mimo
mimo

残念ながら、前回のANAカードキャンペーンで作ったTOKYUカードは、頑張って条件達成したのに、すでにANAカードを持っているから対象外となりました。。。「すでにキャンペーン対象カードを、本会員としてお持ちのお客様」とは、今回キャンペーン対象になっている全てのカードという意味らしいです。日本語って難しい。

ANAカードを初めて作る方は、ANA主催とカード会社主催のダブルキャンペーン時にポイントサイト経由で作りましょう

ANA主催キャンペーン開催中

  • 入会対象期間:2020年3月2日(月)から2020年6月30日(火)WEB入会受付分・申込書カード会社到着分まで
  • 2020年7月31日(金)カード発行分まで
  • 参加登録期間:2020年3月2日(月)10:00から2020年8月31日(月)23:59(日本時間)まで

対象期間 3/15~8/31まで

<特典1>決済額に応じて
 30万~60万未満  5000マイル
 60万以上     10000マイル

<特典2>ANAグループ運航便に1回以上搭乗
 一般・ワイド 1000マイル
 ゴールド   2000マイル
 プレミアム  5000マイル

ANA主催キャンペーンは一度しかもらえないことを考えると、一番キャンペーンマイルがもらえるゴールドカードを発行するのがマイル的にはオトクになりますが、年会費がかかります。安くても本会員15,400円、家族会員4,400円が初年度からかかります。
それに比べ、一般カードは初年度年会費無料、二年目でも大体が本会員2,200円、家族会員1,100円です。
ただ10マイル移行手数料5,500円~は別でかかります。

年会費 通常入会特典
(更新時も)
搭乗マイルボーナス   ANA航空券購入    
一般初年度無料
(10マイル移行手数料5,500円~)
1000マイル10%100円=1.5マイル
ゴールド本会員 15,400円~
家族会員 4,400円~
2000マイル25%100円= 2マイル

今回のキャンペーン全て達成でゴールドカードは14000マイル獲得、一般カードは12000マイル獲得となり2000マイルの差となります。8/31までにANA便に搭乗予定がない場合は、ゴールドカードは30,000マイル、一般カードは28,500マイルと1500マイルの差となります

mimo
mimo

搭乗できるかどうかは大きな判断材料になりそうだね

ポイントサイト経由で申込でさらにマイルがもらえます

自宅でも外出先でも手軽にポイントが貯めて使うことのできるポイ活。今ANAカード発行するなら「ちょびリッチ」がオススメです。発行するだけでポイントがもらえます。
ポイントの高い順から
1.ANA JCBカード(ゴールド・一般・ソラチカ含む) 14,600ポイント=7,300円分
2.ANA アメックス ゴールドカード 4,000ポイント=2,000円分
3.ANA VISAカード(ゴールド・一般・TOKYU含む) 3,000ポイント=1,500円分
4.ANA アメックス 一般カード 2,000ポイント=1,000円分

ANAアメックス(一般)カードの次に我が家が発行したのは、ANA VISA(一般)カードです。こちらは、ANA主催&カード会社主催のダブルキャンペーン時にポイントサイト経由から申込して、3重取!やった!と喜んでいたところ、ポイントサイトのポイントがなかなか付かず、問い合わせしても「確認できませんでした」の一点張りでそれ以降、スクショを取るようになった苦い思い出の案件です。結局ポイントサイトのポイントは付与されませんでした。

このポイントサイトは以後使っていません。口コミで同じくポイント付与されない方が数名いたので。その点、「ちょびリッチ」はサポートが親切丁寧です。お買い物で貯める場合は、保証制度があるので初心者にもオススメですよ。

ポイントは2ポイント=1円分です。1000ポイントから交換出来、現金はもちろん、電子マネーにも交換できます。我が家は主にモニターで貯めたちょびポイントを.money→TOKYU POINT→ANAマイル(要 ANA TOKYU POINT ClubQカード)に交換して1000ポイント(500円分)=375マイルにします。ちなみに3月はモニター案件が豊富になるので、気になる方はまずは下記バナーから無料会員登録して500ポイントもらってください。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

カード会社主催キャンペーン

ANAダイナースカードは最大55,000マイル

・2020年3月2日(月)~2020年6月30日(火)お申し込み(2020年7月31日(金)カード発行分)まで
<特典1>カード発行月~3か月後の月末までの決済額に応じて
 50万~100万未満 40,000マイル相当のポイント
 100万以上  53,000マイル相当のポイント
<特典2>50万円以上決済している方限定で
 家族カード入会で1,500ポイント
 ビジネス・アカウントカード500ポイント

ANAダイナースカードはゴールドカードのカテゴリーのため、最大9万マイル獲得できます!(内訳 ANA主催 35,000マイル+ダイナース主催 55,000マイル)
ポイントサイト経由はありません。大きな買い物をする予定がある方で年会費本会員29,700円、家族会員6,600円が大丈夫な方にはオススメです。

ANA JCBカードは最大30,600マイル

・入会対象期間:2020年3月1日(日)~2020年4月30日(木)JCBお申込み受付まで
・入会年月日(カード発行)2020年6月30日(火)まで
・参加登録:2020年3月1日(日)~2020年7月31日(金)

<特典1>MyJチェックに登録
 ゴールド 4,500マイル相当のポイント
 一般、ワイド 1,200マイル相当のポイント
<特典2>7/31までの決済額に応じて
 10万~50万未満 1,800マイル相当のポイント
 50万~100万未満 8,100マイル相当のポイント
 100万以上 22,800マイル相当のポイント  
<特典3>融資枠の設定して10万以上利用…我が家はやらない
 300マイル
<特典4>スマリボ15万以上利用…我が家はやらない
 3000マイル 

ANA JCBカードは3重取でき、ゴールドカードで最大71,075マイル、一般カードで最大62,275マイル獲得できます!
<ゴールドカード内訳>
1.ちょびリッチから14600ポイント(7300円相当)=5475マイル
2.ANA主催キャンペーンから最大35000マイル
3.JCB主催キャンペーンから最大30600マイル

先ほども記載しましたが、ANA主催キャンペーン<特典1 搭乗>が未達成だと、ゴールドで最大66,075マイル、一般で最大61,275マイルとなります。

mimo
mimo

6万マイルあれば、4人分のRシーズン札幌⇔東京航空券に交換できるよ

先月「ちょびリッチ」経由で私名義のJCBワイドカード(SFCを念頭に)発行しました。
昨年少し収入(お小遣いほど)があったのが良かったのか、無事審査に通りました。主人の職業などは特に入力する欄はありませんでした。
ソラチカを本会員で発行しているのでJCB主催キャンペーンだけ対象ですが、7/31まで50万決済目指して頑張ります!

ポイントコースは、マルチポイントコース(10マイル)にしました。
これでポイント交換年度だけ移行手数料を支払うことになります。
カード申込時に3大キャリアの携帯料金の設定画面があったので、さっそく登録しました。9300マイル!待ってろよ!

まとめ

現在カード会社主催キャンペーンを行っているのは、ダイナースとJCBです。獲得マイルが多い順は、ダイナース、JCBゴールド、JCB一般で年会費・移行手数料(JCB一般のみ)も比例します。
どのカードも決済額100万円が目標となりますが、ダイナースは期間が一番短いので高額商品を買う予定がある方の方が良さそうです。ANA主催キャンペーン攻略には、早めに申し込む方が有利となります。カードが届き次第、キャンペーンにエントリーして、公共料金など支払いを全て届いたカードに変更して100万円達成させましょう。

申し込みはこちらから→ちょびリッチ

タイトルとURLをコピーしました